本試験直前、一般知識に不安を持っておられる方へ、、、

行政書士本試験であなたが一般知識を
“最低7問”正解させるために
今年抑えておくべき事項とは?
悔いなく本試験を迎えるための
"全て”をご提供いたします。

行政書士高野雅史
一般知識対策プログラム2015

この講座(PDF&音声教材)を受講すれば、
あなたは足切りのみならず、一般知識を
合格のための得点源にすることができます。

  • ステップ1

    一般知識攻略テキストを読む(PDF形式で提供)

  • ステップ2

    テキストの使い方音声を聴く

  • ステップ3

    今年抑えるべき事項についてWeb等で調べる

一般知識を運任せにしようと
していませんか?

「11月の行政書士試験を考えると寝られない」
「法律科目は万全だけど、一般知識の足切りだけは怖い」

あなたがこのような状況なら、、、この講座はあなたにとって、とても大事なものになるでしょう。

なぜか?

その理由を話す前に、以下の3つの項目にいくつ当てはまっているものがあるかチェックしてみて下さい。

  • あなたは今まで「一般知識は出題範囲が広すぎる!対策のしようがない」と感じたことはありますか?
  • あなたは今まで「 一般知識は、足切り点だけをクリアできればOK。 対策のしようがないので法律科目に時間を割く」 と法律科目重視の勉強をしていませんか?
  • あなたは今まで「 公務員試験の一般知識対策を勉強してきたので、一般知識の勉強はもう大丈夫」 と公務員の一般知識対策だけを勉強していませんか?

・・・1つでも当てはまるものがあるなら、この講座はあなたにピッタリでしょう。

なぜなら、、、

一般知識攻略のエキスパートが
今年出題が予想される論点を
全てレクチャーするからです

行政書士試験の受験生には、一般知識を捨て問、運任せで受験する人も多いのですが、これほどもったいない話はありません。

なぜなら、一般知識はきちんと受験対策することが可能な分野だからです。
事実今回ご紹介する行政書士高野先生は、毎年一般知識の出題予想を高確率で的中させています。

毎年合格祝賀会で、「法令科目はイマイチだったけど、一般知識で救われた」という感想を述べる合格者も多いのです。
法令科目は合格レベルだったのに一般知識で足をすくわれた。。。
これほど悔しいことはありません。

高野先生の一般知識を補強し、自信を持って本試験に臨みませんか?

なぜ高野先生は毎年一般知識の
出題を当てることが出来るのか?

理由その1 バリバリの実務家だから

行政書士の資格を持ち講師として活動していても
行政書士として実務活動していない講師は数多く
存在しています。

そのような講師に、近年の行政書士試験の出題予想をすることはできません。

なぜなら、本試験問題は行政書士実務におけるタイムリーな話題に即して作られているからです。
例えば、去年の出題においては特定行政書士という業界におけるタイムリーな実情を知っていれば、出題を予想できた問題も多いのです。
そして、高野先生は去年その点を見抜き多くの問題で出題論点を的中させています。


理由その2 予備校の予想を研究しているから

実は高野先生は毎年、各種予備校の出題予想問題を研究しています。
なぜ、各種予備校の出題予想をわざわざ研究するのか?
それは、試験委員も出題予想を把握して出題を作成しているからです。

試験委員は直前まで各種予備校の出題予想を見てから、その予想が外れるように問題を作成すると言われています。
つまり、あまりに早く出題予想講座を公開した予備校は予想が当たらないのです。

そこで高野先生は各種予備校の出題予想を研究した上で、今年の出題予想を出しています。


理由その3 超直前に公開する予想だから

これは理由その2ともダブルのですが、高野先生の一般知識予想は、超直前期の公開です。

願書提出も終わり、試験問題も完成した秋の直前期に公開する講座であるため、予想的中の確率が高まります。

あなたが高野先生の
一般知識対策プログラムを
受講するメリットは?

  • 最低でも足切りを逃れ、さらに合格に近づける7題を正解することができるようになります。 合格者は一般に7問以上一般知識で正解しています。 合格者の目標正解数7問を正解するための方法が分かります。
  • 短時間で難攻不落と言われる行政書士試験の一般知識を攻略することができます。 今回お届けする一般知識対策講座は、テキスト(PDF)講座となっています。 テキストについての解説音声はあるのですが、コマ数も比較的少なくテキストが主体ですので、比較的短時間で一般知識を攻略することができます。
  • 一般知識の勉強範囲が明確に分かるので、範囲を分からずに勉強している他の受験生に比べ有利な立場になれます。 行政書士会の活動も熱心にしておられる高野先生が、実務家の視点で一般知識の出題範囲を絞ります。 無限とも思える一般知識の範囲が明確になるため、他の受験生よりあなたは有利な立場になれます。
  • 一般知識の対策が万全になるので、本試験時に焦らず回答することができます。 本試験中の焦りの原因は、主に一般知識にあると言われています。 何が出題されるか分からない一般知識が不安で、先に出題される法律科目の解答が疎かになる受験生が多いのです。 その不安が解消され、あなたはじっくり法律科目を解くことができるようになります。
  • 一般知識のみならず、法律科目においても分からない問題を正解することができるようになります。 一般知識の勉強は、法律科目にも良い効果をもたらします。 実際、去年も多くの問題で一般知識で出題されてもおかしくないような内容の問題が法律科目から出題されました。

高野先生の一般知識対策講座を学べば、一般知識のみならず
法律科目も点数を積み増すことができるようになるのです。


一般知識対策プログラムの内容は?


【一般知識対策プログラム2015】

●講師

行政書士高野雅史

●内容

今年の出題予想論点についての高野先生特製テキスト(PDF)
そのテキストを有効活用するための解説音声。

●目的

一般知識で足切りを逃れるのみならず、法律科目の
失点をリカバリーできる最低7問を正解すること。

●配布形式

ホームページにアクセスしてテキストをダウンロード、
更にそのテキストを活用する為の音声をお聴き頂きます。
(音声はmp3形式でダウンロードすることも可能です)

あなたにとって、
高野先生から直前期一般知識対策の
レクチャーを受けることに
どれぐらいの価値があると思いますか?

行政書士会の活動を行い、行政書士業において
タイムリーな情報を知る受験講師は、恐らく日本中
どこを探してもいません。

ちなみに、この超直前期にこの講座を発売するのには
理由があります。
それは、他の予備校等に真似されたくないため、
更には試験問題の変更がないようにするためです。

そんなことないよ!と言われそうですが、
それぐらい情報戦になっているのが行政書士試験の
一般知識なのです。

受験生の合否を分ける一般知識は、たった14問とはいえ、
あなたの1年の努力を無駄にしかねない14問です。
ある意味最重要科目なのです。

その最重要科目である一般知識について、
高野先生が毎年何ヶ月もかけて分析し、作るのが
一般知識対策プログラムです。

今回、この高野先生の1年の集大成とも言える
一般知識対策プログラムを10,800円(税込)で
お譲りします。

ただし、一般知識の対策情報は他の予備校、
試験委員も情報収集に余念が無いため、
秘匿性維持のため限定15名への販売です。
人数に達し次第申込みリンクは消去しますのでご了承下さい。

法律科目がどんなに万全であっても、
一般知識で足切りにあっては何にもなりません。
悔いの無いよう準備した上で受験に挑んで下さい!

限定15名
人数に達し次第リンクは自動消去します

お申し込みはこちら

お支払いは、銀行振込又はクレジットカードを選択できます。

クレジットカード分割払いをご希望の方はご相談下さい。
メール:ono@ktojapan.com
※銀行振込の場合は、お申込み後14日以内にご送金下さい。


あなたには2つの選択肢があります


1.この講座を受講せず独力で試験に臨む道

もし、あなたが公務員の一般知識を少し改良したような内容の
一般知識対策しかしていないようなら、本試験で混乱
することになるかもしれません。

なぜなら、公務員など他の一般知識対策と、
行政書士試験の一般知識対策は、似ているようで
全く異なるからです。

そのような行政書士試験の本試験に、あなたは真の対策を
せずに戦場に臨もうとしているのです。
それで不安がないという方であれば、仕方がありません。
受講代金を節約できます。

 

2.この講座を受けて万全の状態で試験に臨む道

高野先生の一般知識対策を学び、今年の本試験で
問われるであろう論点を全て抑え、万全の状態で試験に
挑むことができるようになること。

1年前を思い返して下さい。

もし、1年前しっかり一般知識対策ができていたら、、、

もし、一般知識で点を積み増し、法令科目のマイナスを
挽回できていたら、、、

もし、自信を持って試験に臨み、落ち着いて試験を受けられていたら、、、

前者と後者どちらの道を選ぶのもあなたの自由です。
ただ、本試験終了時に後悔をしていないよう、
今はできる得る限りの努力をして下さい。

追伸

本試験に最高の状態であなたに臨んで頂く。
これが我々のミッションです。

一般知識で足切りにあってしまう程、
悔しいことはありません。
また、一般知識を恐れるあまり、
本試験中法律科目で焦ってしまい自分の実力を
出し切れないというのも悔しい話しです。

高野先生が数ヶ月間を費やし、今年の本試験用に作られた
この講座を受講し、万全の状態で本試験に臨んで頂ければと
思います。

あなたからの合格の吉報が届くことを願っております。

 

さくら電子出版社代表  小野 敬人
合格の報はこちらまで
ono@ktojapan.com

copyright さくら電子出版社 All Rights Reserved.